転職って本当に大変【経験談から】

当サイトは転職に関して、悩んだ管理人が、色んな人のアドバイスや転職体験談について参考になればという思いでサイトを運営しています。もともとがIT系の転職だったのですが、スキルや上下関係に対してゆるいと言われているIT系ですら自分を売り込むのは大変でした。そこで、様々な職業や、営業職、職人さん、看護師、保母さんといった色んな職業の転職は本当にツライと感じました。ネットアンケートや、依頼して丁寧に書いてもらった記事の中から、少しでも参考になり、ポジティブになってもらうのが当サイトコンセプトです。

 

面接は志望先への興味を全開にすると共に話を盛って臨むと好結果が

転職の面接時、志望企業に対する興味や専門知識、必要スキルがいかに豊富であるかを示す様に「話を盛る」という手法が持て囃されていますが、自分も前に勤めていた企業の面接時には確かにその有効性を実感しました。もちろん嘘になるまで話を盛るという事は避けなければなりませんが、それでも自分をよく見せるPRの一環としてこの方法は間違いではないと思います。

 

 

自分は写真撮影が趣味だったのですが、別のアルバイトをしている時、たまたま手に取った求人誌に自分が使っていたカメラメーカーの契約社員の募集があったのです。生産技術系の仕事だったのですが、知識やスキルはともかくカメラそのものに興味があった事もあり、書類を送ってみたのです。
期待はゼロでしたが、書類選考を通過し最終面接という事になりました。

 

 

面接では特別経歴の事については聞かれず、大事なのは入社して何がやりたいかを率直に聞かせて欲しいという事で、少し話を盛り、今度その社で新たに敷かれるカメラセンサーの生産ラインに興味があり、検査をやってみたい旨を話しました。実はその話、以前インターネットで検索したまたま仕入れた情報であり、その事について特別な知識は無かったのです。面接官は明らかにその話に食いついた様な感じでした。
結局それが決め手になったのか採用の通知を貰う事が出来ました。先ずは応募先の仕事や商品に対する興味を全開にして面接に臨むと話が盛り上がり、採用へのプラス効果が期待出来ると思います。

給料面よりも精神面を優先して。転職をして成功だった!【管理人体験談】

技術系の高校を卒業し、電気技術者として就職しました。
忙しい職場で、新商品の納品がスケジュール一杯に詰まっており、
24時間体制での製造が続いていました。
そのため、毎日4時間以上の残業と、土曜日は当たり前のように休出する生活です。

 

二十歳前の遊びたい盛りでした。
それを仕事でひたすら疲労していたのです。
その分、給料面では破格でした。残業代が大きい場合は、一か月で35万円入ることもあり、
住まいは社宅だったため、ほとんどが手取りになります。
お陰で車の免許をとり、1年のローンで車を買ってなど、なかなか出来ないことが出来たのも事実です。

 

しかし、精神面ではそうとうしんどくて。これでは自分が潰れてしまうと感じて転職することにしました。

 

営業の仕事で給料面では半分以下になりましたが、時間が決まっていることと、
人との触れ合いがある仕事で、ずいぶん精神的にも、肉体的にも楽になり、
本当に良かったと思っています。

こんな業界はかなり転職が入れ替わり!

ナースさんの業界って実は転職者がかなり優遇されているのを知っていますか??なぜか??

 

いわゆる売り手市場というやつで、ナースさんは自分の気分しだいと言ってしまえば言いすぎですが、どんな場所でも看護師免許があれば転職して職にありつく事が可能というめずらしい業界です。

 

そのかわり、様々なタイプの人が入り乱れていて、スキルアップから子育てアルバイトまで売り手市場はトコトン、働き手が有利に転職を進める事が可能という驚きの業界です。

お役立ち転職ネタを募集!!

どんな人の経験も誰かの役に立ちます。
自分では自分の体験なんて!!??と思っていないでしょうか???

 

些細な気持ちの変化ですら誰かの人生のヒントになるような気がします。
よかったら転職経験を当サイトに掲載してみませんか???

更新履歴